KEIAI CAREERS キャリア採用サイト

染谷 真優

INTERVIEW

土地仕入れ営業

「ネガティブ思考」から


「ポジティブ思考」に

ケイアイスター不動産

第一分譲事業部
三郷営業所
係長
染谷 真優

あなたのお仕事を


教えてください

所属部署の業務を端的に言えば、「用地仕入れ営業」です。弊社が新築戸建て分譲住宅(時に注文住宅)を建築し販売する為の土地を仕入れるお仕事です。現在は管理職である為、三郷営業所の店舗管理業務が主な業務内容です。その為、人材育成・仕入れ物件の精査・仕入れた物件の工程管理・店舗の成績管理なども行います。

一日のながれ

06:20 起床
08:10 自宅を出る 車通勤で3、40分ほど。移動も多い仕事なので、よく音楽を聴きます。
08:45 出社
08:50 清掃 一日の始まりは清掃から!
09:00 朝礼 経営理念やクレド(行動指針)の唱和、全体・個々の連絡事項を共有します。
09:15 事務作業 メールや昨日迄の仕入れ案件チェックなどを行います。移動が多く不動産業者様や他部署の方との連携が大切なお仕事である為、その後の一日の動きを組み立てます。
11:30 ランチ 基本的には早めにとる様にしています。毎日とはいきませんが、同僚とよく出かけています。特に若いスタッフもいるので、大盛食べれる近所の中華屋さんにお世話になっています(笑)
12:30 外出 ランチ後、直行することもしばしば。一人で動くこともあれば、部下と2名で移動することもあります。その際は部下が仕入れを検討している案件の現地確認、建築現場のチェック(完成物件・工事中現場)などを中心に行います。また、普段の行先は、地元の不動産業者様や役所、仕入れを検討している土地の現地調査など様々です。特に、有益な情報を頂ける不動産業者様とのコミュニケーションは大切で、ギブアンドテイクの関係性を保てるように心掛けています。
15:00 帰社 部下が帰った時にすぐに報連相に対応できる様、だいたい16時までには店舗に戻る様にしています。個人的な業務として、店舗や部下の数値管理、私の上席者への報告書(週報)作成、外出時に行ったことのまとめや報告などがあります。
16:00 部下が帰社し始める時間です。各自の進捗報告や相談に対し、アドバイスや指示を出します。経験を積んでくると、その土地が仕入れるに相応しいか分かってくるものなのですが、新人のうちは中々難しいと思います。その為、社内フォーマットによる対象地の点数化や地図やGoogle Mapも活用しながら、周辺環境を調べるなど、土地選びのコツを伝えたりします。現在、2名の部下の経験が浅い為、いち早く戦力化してもらえる様、土日に実地と座学を織り交ぜた研修を行ったりもします。
18:30 就業 日によって変わりますが、だいたい19時には全員退社しています。明日もがんばりましょう!

どういった条件や環境を求めて


転職活動を行っていましたか?

もとは広告代理店に事務職で勤務していました。もちろん仕事にやりがいはありましたが、残念ながら大変古風な体質の企業であり、女性が将来的なビジョンを描くにはいささか難しい環境でした。その後、一度派遣社員を経験したのですが、そこで出会ったのが不動産・建築業界でした。その時の経験がとても興味深かったこと、また恥ずかしながら当時放送されていたドラマに住宅営業が出てきて、それに感化されたことで事務職から営業職、それも住宅営業を希望しました。

なぜケイアイスター不動産を


選びましたか?

一言でいうと、「私が求める環境が整っていたから」ですね。ケイアイには前職ではあり得ない、女性が活躍できる環境や社風が当たり前に存在していました。また、入社前に不動産業界で働く方にお話を聞く機会があったのですが、弊社の営業職に対する評価は高く、さらに女性がとても多い会社だと言われました。入社するにあたり、もはや不安はありませんでしたね(笑)

ケイアイスター不動産に


入って、変化したことは?

これは本当に実感していることなんですが、「ネガティブ思考」から「ポジティブ思考」になれたことだと思います。また、チャンスを頂ける環境であったことも幸いでした。私はどちらかというと異動が多い部類に入ると思うのですが、入社半年で新規店舗のメンバーに選んで頂いたり、いろんな仕事を任せて頂ける。そして成果を出せば、必ず評価してもらえる。この環境だからこそ、新人の私は「日々小さな目標」を掲げ、毎日それを達成することができました。そしてそれを積み重ねた結果、今につながっているのだと思います。

ケイアイスター不動産で


叶えたい夢は?

責任者という立場を頂いた以上、私は課員を「豊・楽・快(ゆたか)」にしたいと願っています。具体的には、私が得た知識や経験を余すことなく共有し、「成果を上げる喜び」を知ってほしいと考えています。そして、いずれ部下がその部下に、またその先にというポジティブなサイクルを生み出すことが今の目標です!